• 便秘とは

  • 便秘とは排便が困難な状態のことをいい、一般的には3日以上排便がなければ便秘と診断されることがあります。

    しかし便秘は、排便に障害が発生している場合だけではなく、毎日便を排出しているけどスッキリした感じがないなどを感じたときに便秘と言われることもあります。

    便秘になる原因には、食物繊維が不十分な事や薬の副作用、ホルモンのバランスの乱れなど人によって原因が違ってきます。 女性の場合は、ホルモンとの関係が強く生活環境の変化や生活習慣の乱れによって便秘になりやすいといわれています。

    ただ単純に便秘と思っていることは危険です。 便秘の中には、病気に発展する便秘とそうでない便秘があります。 病気に発展してしまう便秘になると、痔、大腸がん、直腸がん等になる可能性があり、発病することによって血便が出てしまう場合があります。 痔の場合は、排便痛を感じる事があるので、こうした症状の場合にはきちんと医療機関で受診をするなどをして早期改善をさせる事が必要になってきます。

    便秘は腸の中で不要になったものが溜まっている状態なので、あまりいい環境ではありません。 悪化してしまうと健康的な体も確実に不健康になるので、少し不安な事があったときには早めに解決させるようにしましょう。